何度もメイク直しするのはイヤ!汗っかきな私の顔汗対策

何度もメイク直しするのはイヤ!汗っかきな私の顔汗対策

顔汗がよく出る私の体験記

何度もメイク直しするのはイヤ!汗っかきな私の顔汗対策

今年も顔汗に悩む時期がやってきた

AG199_L

私は飲食店勤務で、普段から店内を歩き回ってお料理を運ぶホールスタッフとして働いています。そこで毎年悩まされるのが、顔汗。
お客様に見られるお仕事なので、顔に汗をびっしょりかいて、髪もべたべたしてきます。「暑苦しい」とのクレームがあったことも…。
特に夏場は朝、しっかりメイクしたつもりでも付けまつげが取れかかって、粉浮きしてしまったりと残念な顔になってしまいます。
自己流の対策として、メイク後にベビーパウダーを顔に塗っていましたが、効果はありませんでした。

 

 

【汗止め帯との出会い】
そんな時、ある番組で舞妓さんの特集をやっていました。内容は、「舞妓さんはなぜ厚化粧でも夏に顔汗をかかないのか」というもので、
舞妓さんが胸の上辺りを一本の細い布できつく巻く、汗止め帯を仕込んでいるのだということを知りました。
確かに舞妓さんはどんなに暑くても着物をきて、涼しい顔立ちで颯爽と歩いています。
人間の胸の上辺りを、紐などできゅっと結ぶと、副交感神経が抑制されます。そうすることで顔から上は汗をかかず、胸から下だけが汗をかくようになるらしいのです。
また、この働きを半側発汗作用といって、体の片側だけに圧が加わるともう片側だけに汗をかく、というものらしいです。
私はさっそく、ネットで検索して、汗止め帯というものを購入してみました。
外見は目立たないベージュの細い布で、中心にホックがついているので手軽に取り外しができます。価格は2000円弱でした。

 

 

 

 

【効果と感想】
締め付け間が強すぎず、使いやすかったのですが肝心なのはその効果。
仕事では少し歩いただけで滝のように汗をかいていたのに、ほとんど汗をかかなくて済みました。
全く汗をかかなくなるわけではありませんが、半信半疑で効果てきめんだったので本当に嬉しかったです。
ただ、ブラの上から汗止め帯をするのは最初は多少違和感があるかと思うので、無理のない程度に使用するのがよさそうです。
顔汗をかかなくなると、重いものを運んでも軽く小走りをしてしまってもメイクが崩れず、手間が省けて楽になりました。
夕方まではお化粧直しをしなくても普通に過ごせています。
髪のべたつきもなくなり、額に前髪がくっつくこともないので見た目清潔感が違います。
お客様に暑苦しいと言われることも無くなりました。
これからもっと暑い季節になってくるので汗止め帯と市販の抑汗スプレーのダブル使用で顔汗に負けずに仕事を頑張っていきたいと思います。

 

参考サイト:顔汗止める方法.tokyo